ebay輸出を仕組化して自由になるブログ!平凡なサラリーマンがある日「会社中心の生活は不自由」であることに気づく。 一念発起して取り組んだネットビジネスでまさかの脱サラ成功! その後10年以上もの間ネットビジネスで稼ぎ続け、現在はebay輸出を中心に展開中。ブログ内のサムネイルは最近ebayで売れた商品です。

ebay輸出教材プレゼントキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ebay輸出】返品リスクを回避する方法!ebayのポリシーを理解して返品リスクを最小限に抑える

Facebook にシェア
Pocket

杉原です。

昨日は「未着のリスクを回避する方法!」
について説明しました。

 

見逃したという方はこちらから
http://ten.funsjp.net/hassou/mityaku-3

 

非常に残念なことですがebayでは
セラーは返品のリスクを負って販売する
義務があります。

 

というかAmazon販売でもそうですが
プラットフォームを使わせてもらう
限りは同じことです。

 

出品するときに返品の期限を選ぶことが
できますがebayが推奨しているのは
30日以上です。

 

そして、バイヤーからの返品の理由には
次のような物があります。

 

①気が変わった(change my mind)
②商品説明と違っていた
③届いた商品が壊れていた

 

 

 

一つづつ見ていきましょう。

 

 

①気が変わった(change my mind)

気が変わったといって返品を要求して
くるバイヤーは極稀にいるのですが、

 

これを避けるためにセラーが唯一できる
ことは発送前にバイヤーにメール
して購入の意思を再度確認することです。

 

しかし、全ての取引で確認するというのは
割と手間がかかります。

 

なので高額商品の場合だけ確認するとか
自分でルールを決めれば良いと思います。

 

また、トラブルになりそうなバイヤーの
IDを控えておきバイヤーを
ブロックするなどの措置も必要です

 

 

②商品説明と違っていた

これを避けるためには商品説明を
より詳しく書くことが必要になります。

 

とはいえあまり詳しく書きすぎても
出品に時間がかかってしまいますので
下記のとおりポイントを押さえて
商品説明を書いてください。

 

・商品のサイズ
・商品の色
・付属品
・商品写真の注意点
・使用上の注意点(電圧、プラグ、DVDやゲームソフトの互換性など)

 

バイヤーは商品説明を良く読まずに
「勘違いのまま」購入することも稀に
あるので、

サイズや色など基本的に注意すべき
ことはタイトルに記載すると良いです。

 

 

③届いた商品が壊れていた

この場合、バイヤーから連絡が来たら
届いた箱と壊れた商品の写真を送って
もらいます。

 

なぜかというと配送の途中で壊れた
ことが証明されれば保証の対象と
なるからです。

 

また、壊れていたと嘘をつくバイヤーも
いるので写真を送ってもらうことで
詐欺バイヤーを防ぐことができるからです。

 

本当に輸送中に破損したのなら商品と
梱包している箱にもダメージがあるので、
それが分かる写真が証拠になります。

 

写真を見て配送中に壊れたことが証明
できそうならバイヤーに頼んで郵便局で
ダメージレポートを作成してもらいます。

 

ダメージレポートとはバイヤーが郵便局に
行って梱包状態と商品の破損状況から
配送中に壊れたことを証明するもの(証明書)です。

 

この証明書を発行してもらったら
日本郵便に連絡してダメージレポートの
受付番号を伝えて申告した商品代金と
送料を保証してもらいます。

 

しかし、現実問題として郵便局に行って
ダメージレポートの申告してくれる
バイヤーは稀です(僕の経験上)。

 

なので最悪はダメージが軽ければ
返品してもらうもしくは、

返品してもらうとかえって送料がかかり
損失が増える様なら返金して終了させます。

 

商品が壊れているといっても
ちょっとしたダメージで商品自体
使用可能なら一部返金(部分返金)の
交渉をバイヤーにすると良いです。

 

全額返金した場合には全ての売り上げを
失ってしまいますが部分返金で
交渉が成立すれば損失が少なくなります。

 

 

以上、①~③まで説明してきましたが
ここでもう一つ返品してもらう
場合に必ずやって欲しいことがあります。

 

それは、返品するとき伝票の「返品商品」の
箇所にチェックを入れてもらうことです。

 

この商品は返送品ですと配送業者が分かる
ように返品してもらうということです。

 

なぜかというと「返品商品」と書かないと
輸入品とみなされて関税がかかる場合が
あるからです。

 

僕はそれを知らないで何度か関税を
支払ったことがあります。

 

配送業者に「これは返品で戻ってきた商品です」と
説明しても相手にしてもらえませんでした。

 

返品を証明するためにはシリアル番号の
写真を撮って控えておき、照合できた
場合のみと言っていました。

 

なので損失を少なくするために上記の
ことを実施してください。

 

 

 

 

PS
ebay輸出に
ついて詳しく知りたい方へ

こちらから一通り学ぶことができます。
↓   ↓   ↓
初心者でも稼げるebay輸出ビジネスの始め方!

 

PS1
電子書籍を無料で読んで5つのプレゼントを手に入れませんか?
電子書籍を読んで感想を送付頂いた方には以下の特典を無料でプレゼントしております。

電子書籍のダウンロードはこちらから

電子書籍の感想を送って次の特典をもらおう!

特典1、初心者がたった1日で152,800円稼ぐ裏技
特典2、今すぐebay輸出ができる2大基本マニュアル
特典3、トップセラーが秘かに稼ぐebay極秘商品リスト30選
特典4、稼ぐ人だけが知っているビジネス成功の法則(動画)
特典5、初心者が最速で稼ぐためのビジネスモデル講座(動画)

 

 

初心者の方はこちらから
http://ten.funsjp.net/bigining

 

ブログランキングに参加しています。
現在の順位は? 以下のボタンより確認してみて下さい。
応援ありがとうございます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

高利益商品リスト期間限定プレゼント!!

LINE@で「ebay輸出全体マップ」 プレゼント!





※LINEの友達検索で@rps4911mと検索してもOK!

大好評!!登録いただいた方だけの限定特典として 「ebay輸出全体マップ」 を全員に差し上げております。これebay輸出で躓いたときに簡単にその答えを知ることができる優れものなんです。

詳細はこちらから確認してくださいね!

LINE@ではebay輸出やネットビジネスに関する最新 情報をいち早くあなたの元へお届けします。

プロフィール


ブログ管理人: 杉原裕一

酒と、旅行と、温泉をこよなく愛する3児のパパ。海外旅行は、北京、タイ、香港、ハワイ、グアム、ニューヨーク、バハマなどを経験。アメリカ国籍の姉がロスに居住。

2004年本せどりからスタート。その後、コンテンツ販売やアフィリエイトなどを経験し、ebay輸出の魅力に惹きつけられる。2014年にはebayの売上3万ドルを突破!

現在はebay輸出ビジネスを展開。さらにブログ、メルマガを通じてebay輸出の情報を発信中!

自己紹介はこちら

電子書籍を出版しました!

Amazonの売れ筋ランキングで1位を獲得しました。



Amazonから電子書籍を出版しました。
10年以上のネットビジネス経験を赤裸々にまとめ
た内容です。私の実体験をこの1冊で知る事ができます。無料なので是非読んで感想を送ってください。感想を送ってくれた方には後ほどプレゼントを差し上げます。
感想はこちらから

実績 月間400万円達成!

2018年6月ebay輸出初心者セミナー受付中!

ネットでは絶対に知りえない情報が盛りだくさん! 初心者がebay輸出で最速で稼ぐ為に必要なこと? セミナー参加者限定リサーチの極意! 最終的にはebay輸出で自由を手にするためのセミナーです。 参加お申し込みの詳細はこちら

ブログの応援ありがとうございます。

月別のブログの記事

社会貢献活動

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。